喪失したデータをデータ復旧しよう

企業で活用しているパソコンはもちろん、個人で使っているパソコンにおいても、そこに納められているデータにはとてつもない価値があります。それだけに、バックアップを疎かにしてデータを喪失してしまったときの後悔ははかり知れません。整理した資料など時間と労力をかければ復旧できるものもあれば、創作物など取り返しのつかないデータもあります。さらに、昨今では記憶媒体の容量が巨大化しており、一度のハードディスククラッシュ等で受けるダメージが増大しています。では失われたデータは永遠に失われたままなのか、といえば実はそうではありません。暖炉で燃やした紙の資料からでも記されていた内容を取り戻すことができるように、パソコンのデータ復旧もたいていの場合は可能です。もちろん無理な場合もあります。たとえばハードディスクの場合なら、磁気ディスク(プラッタ)が強力な磁気にさらされた場合や、高温により磁気データがリセットされてしまったりした場合など、そこから残滓を抽出していくことはほぼ不可能です。同様にプラッタが粉々になった場合も実質的に回復は不可能です。しかし、そうでなければほとんどの場合、データ復旧は可能です。コーヒーをこぼしたり電子レンジにかけた程度であるならHDDの磁気データは失われませんのでデータは復旧できます。一般的な使用におけるハードディスククラッシュなどの場合なら、かなり確率でサルベージが可能です。もちろん個人でできることには限界がありますので、業者に依頼するのが一番です。また業者も千差万別なので、まずは見積もりをだしてもうらうのが良いでしょう。データが喪失したからと言って諦めてしまう必要はありません。

重要ファイル喪失の場合のデータ復旧

皆さんは仕事でパソコンを使っている方は多いと思います。パソコンを仕事で使っていて一番怖いことがファイルの喪失であると思います。一旦消えてしまったファイルはなかなか復旧が難しいものです。ファイルが消えてしまう場合を想定して予めデータ復旧のためのソフトウェアをインストールしておかなければなりません。ハードディスクなどの故障でデータ消失してしまった場合はデータ復旧サービスなどを利用しなければなりませんが自分でうっかり消してしまった場合にはソフトウェアで対応することができるので必ずインストールしておきましょう。データを喪失の危険性を少しでも減らすために様々な予防策があります。重要なファイルはまずバックアップをとっておくことです。ハードディスクだけに保存しておくとパソコンが壊れた時にデータを取り出すことが面倒になるので外部の記憶装置であるSDカードなどに保存しておくことも一つの手だと思います。また最近ではインターネットの普及によりインターネット上のサーバーにデータを保存できるクラウドストレージサービスが普及してました。家でも仕事をする人にとっても非常に便利なサービスであるといえるので是非利用してみましょう。