パソコンのデータ喪失に伴うデータ復旧方法

パソコンに保存していたデータが壊れてしまった、と言う事態は、くやしいことに誰でも一度や二度はあったことがあるのではないでしょうか。表計算ソフトでデータを打ち込んでいたら、突然エラー表示が出てそのまま強制終了、などもっとも身近でありがちな、データ喪失ではないでしょうか。しかし、パソコンのスイッチを押しても電源が入らなくなってしまった、という場合はどうしたらよいでしょうか。パソコンにある程度精通している人ならば、パソコンからハードディスクドライブを取り出してしまい、それを他のパソコンに接続して、データを取り出して復旧を試みるという方法があります。ハードディスクの取り出しは、パソコン附属の説明書を読めば可能ですが、もしそういった機械いじりが不得手な人は、パソコン修理業者に持ち込んだ方が確実です。さて論理障害と呼ばれる場合のデータ復旧についてです。ちなみに論理障害とは、間違って削除やフォーマットしてしまったことを指します。このような場合、市販のデータ復旧ソフトを使って復活させることが可能です。どちらにしてもトラブルに伴うデータ喪失はいつ起こるか分からないので、普段からのバックアップが、一番の対策になります。

データ復旧の際、データが喪失する理由

パソコン上にあるデジタルデータを何らかの理由で喪失してしまった場合、データ復旧を試みることとなるが、これが失敗に終わってしまうケースは少なくない。データ復旧が行えない最たる理由は「データの喪失に気づかず、長時間パソコンを使用してしまった場合」だ。データが一時的に消滅してしまっただけならば問題はないが、その後、他のデータを上書きしてしまった場合、「元々のデータが存在していた場所へ、別のデータが記憶されてしまう」こととなる。こうなると以前のデータを取り出そうとして記憶領域を参考にしても、そこにあるのは新データだけなので、データの復旧を行うことができなくなってしまう。こうならないためには、重要なデータは常に監視しておくことが大切となる。万一消去してしまう、もしくはデータが消滅してしまった場合でもいち早く気づけるように、重要なデータは特別なフォルダに隔離しておく、パソコンの電源を入れた時やシャットダウン直前にはデータの存在を確認しておくなどといった工夫が推奨される。逆に、機密データなどを確実に破棄したい場合は、元のデータを消滅した上で、同じ記憶領域に別のデータを書き込むとよい。そうすることで、データの復旧は不可能となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*